大阪(牧野・交野)の家族で訪れたくなる欧風霊園。

  • お問合せ
  • 資料請求

サイトマップ


バリアフリーへの取り組み


ユニバーサルデザインの取り組み
※ユニバーサルデザインは、高齢者や障害者など多様な人が使いやすいように考えられたデザインのことです。(日本ではバリアフリーと呼ばれることが一般的)ユニバーサルデザインという考え方を建物に取り入れることで、快適で心地よい環境をつくることができます。

平地にあるオールフラットな霊園

ハピネスパーク牧野は、枚方市の川沿いの平地に立地しています。霊園内には段差が無いだけでなく、急な勾配の傾斜路もないため、車椅子をご利用されているお客様も楽に移動することができます。

車でも電車でもアクセスのしやすい立地

ハピネスパーク牧野は、京阪牧野駅から徒歩6分の距離にあり、アクセス経路に段差も無いため車椅子をご利用されているお客様も気軽にお越し頂けます。
・京阪「牧野駅」から徒歩6分
・霊園に隣接しているフラットな駐車場

霊園内の通路も幅の広いゆとりのある通路

車椅子をご利用の方も移動できるよう、快適な通路幅を確保した霊園です。メインで利用する通路は、80~120cmの通路幅となっているため、車椅子をご利用の方も墓石の前まで車椅子のまま移動して頂けます。

お墓から近い水汲み場

水汲み場からすべてのお墓まで50歩以内で行けるように霊園内の複数の箇所に水汲み場を設けています。
重たいバケツを持って移動する距離が短くなることで、気軽にお墓参りができるように工夫しています。

常駐のスタッフによるサポート

霊園に併設された事務所にスタッフが常に待機しています。お墓参りの際にお手伝いが必要なお客様は気軽にスタッフに声を掛けて下さい。

移動が不安な方も車椅子で安全・快適に移動

事務所に貸し出し用の車椅子をご用意しています。
長距離の移動が大変だと感じる方や長時間お墓の前にいたいと考えている方は、気軽にスタッフに声を掛けて下さい。

利用者の声

  • 和田様

    バリアフリーで安心便利な大阪の霊園。

    ここハピネスパーク牧野霊園は完全なバリアフリーなど、お参りする側に立った考え方で、霊園を作っておられる。そして、明るく綺麗な環境など、違いが凄く参考になりました。

    詳しくみる

  • 森様

    途中に段差や狭い道などなくお墓の前まで一人でお参りできます。

    私が思っていた条件にほぼマッチしたからです。自宅からも近く途中に段差や狭い通路もなく、駐車場からお墓の前まで一人でお参りできます。

    詳しくみる

  • 植村様

    腰の弱い母も車いすでお参りできるので安心です。

    脚の弱い母も車椅子でお参りできるので安心です。石碑は国産にこだわって、佐賀県産の天山石に決めました。家族一同本当に満足しています。

    詳しくみる

アクセス情報 ハピネスパーク牧野
地図
JR枚方駅より徒歩6分

電車でお越しのお客様

京阪牧野駅北口より徒歩6分。
駅前スーパーライフ前を左折、
西牧野小学校を目印に直進。

車でお越しのお客様
大阪市内より車で30分
旧国道1号線を京都方面に進み、
「牧野阪1丁目の交差点」を左折して下さい。


ハピネスパーク交野
地図
JR学研都市線「津田駅」より徒歩15分

電車でお越しのお客様

JR津田駅より南へ直進。
警察学校前(交差点)を左折。
警察学校に添って進み、
関西電力変電所方面へ進む。

車でお越しのお客様
大阪市内より車で30分
<大阪方面>
・第二京阪道路「交野南IC」
 を下りてすぐ
<京都方面>
・第二京阪道路「交野北IC」
 を下りてすぐ

・京阪本線「枚方市駅」より
 お車で約15分
・京阪交野線「交野市駅」より
 お車で約6分

メッセージ

株式会社ミライロ 代表取締役社長 垣内 俊哉からのメッセージ

私たちミライロではユニバーサルデザイン(※1)を通して、誰もが暮らしやすい社会づくりを目指しています。とりわけ高齢化先進国である日本においては、ユニバーサルデザインにおいても先進国でなければいけません。

西鶴様が運営されている「ハピネスパーク牧野霊園」と「ハピネスパーク交野霊園」は、アクセス経路から墓石の前まで段差や急な勾配がなく、全面フラットな霊園です。そのため、ご高齢の方や車椅子を利用されている方、ベビーカーを利用されている方が快適に利用できます。

また、ユニバーサルデザインの取り組みは施設環境の配慮だけではありません。常駐しているスタッフの方が必要に応じてサポートをしてくれることが、ご高齢の方や障害のある方に選ばれている最大の理由だと確信しています。

※1…ユニバーサルデザインは、高齢者や障害者など多様な人が使いやすいように考えられたデザインのことです。
ユニバーサルデザインという考え方を建物に取り入れることで、快適で心地よい環境をつくることができます。

リンク:対談 垣内 俊哉社長×山本 一郎
http://www.e-saikaku.co.jp/taidan/taidan_08.html

お問い合わせはこちらから

資料請求
お問い合わせ