大阪(牧野・交野)の家族で訪れたくなる欧風霊園。

  • お問合せ
  • 資料請求

サイトマップ

ハピネスパーク交野「樹木葬 オリビア」

ハピネスパーク交野「樹木葬 オリビア」

樹木葬 オリビアの5つの特徴

家という制度に対する考え方や、個人の生き方を尊重する風潮の影響で、海へ散骨する海洋葬や樹木を墓標とする樹木葬などの自然葬が、ニュースなどで話題になることが多くなっています。中でも樹木葬は、すでに多くの霊園で始められており、サクラやカエデ、モミジ、ツツジ、ウメ、ハナミズキなど様々な種類があり、一人に一本の樹を植えるやり方と、シンボルとなる樹のもとに複数の遺骨を埋葬するやり方があります。お墓を建てたくても建てられない諸事情のある方にとって、樹木葬は、年間管理費などがいらなくて済み、墓石を建立するよりもお求めやすい価格設定で、永遠に土に還るという新しい埋葬法です。

ハピネスパーク交野霊園では、平和と繁栄の象徴といわれ、数えきれないほどたくさんの季節を重ねた、樹齢200歳のオリーブの巨木をスペインから取り寄せ、オリーブの周辺にご遺骨を納め、自然に還る場を提供しています。

ひとつの根から多くの幹が伸びて絡み合うオリーブは、ハピネスパーク交野霊園の番人となり、今後何百年も見守り続けるシンボルツリーです。

いずれにしても近年、この樹木葬が全国的な広がりを見せ、これからのお骨の埋葬の方法の一つとして定着していくことになるでしょう。

従来の檀家制度等にとらわれることなく、管理面・費用面ともに安心していただける新しい永代供養。その5つの特徴についてお伝えいたします。

樹木葬 オリビアの5つの特徴
  • 1継承者がいなくても大丈夫です

    お墓を継ぐ方がいなくても心配はご無用です。お墓のプロフェッショナルであるハピネスパーク交野霊園が、責任をもって永代にわたりご供養いたします。

  • 2生前にお求めいただけます

    納得できる供養法を、生前のうちに自ら選ぶ。昨今増えているそのようなお求めにもちろん、こころを込めて対応いたします。

  • 3宗旨・宗派を問いません

    信教の有無や宗旨・宗派については一切問いません。樹木葬の趣旨にご賛同いただける方であれば、どなたでもこころを込めてご供養いたします。

  • 41区画25万円(税込)、お求めやすい価格でご提供いたします

    1区画につき初回のお支払いのみで、永代にわたるご供養をお約束いたします。この他にかかる費用は一切ございませんので、ご安心ください。

  • 5管理費用は不要です

    樹木の手入れや、霊園の整備等にかかる管理費用も、永代にわたり一切いただきませんので、ご遺族に負担をかける心配もございません。

オリーブの樹木を墓標とする埋葬の手順説明

ご遺骨を納めるのは、やがて土に還る紙の骨壷。大理石でつくられたプレートに墓誌をしたためたのち、ご遺族の手で大地へと埋葬していただきます。あらゆる生命の源といわれる大地が、ご遺族の想いをしっかりと受け止めてくれます。

オリーブの樹木を墓標とする埋葬の手順説明

自然に還る場所に想いをよせる、凛々しいたたずまいに向かって手を合わせれば、故人の魂がやさしくささやきかけてくれることでしょう
  • 故人を見守るオリーブのそばには、静かに時を刻む日時計を添えています。ゆっくりと盤面を移ろう陰影は、ここにしかない時間をつむぎながら、在りし日の豊かな記憶を物語っています。

    故人を見守るオリーブのそばには、静かに時を刻む日時計を添えています。ゆっくりと盤面を移ろう陰影は、ここにしかない時間をつむぎながら、在りし日の豊かな記憶を物語っています。

  • 通路や仕切りの石はイタリア産のトラバーチンを使用。オブジェとして「オリーブの壺」を設置し、さらに壺の中には「ワイルドオリーブ」を植樹しました。

    通路や仕切りの石はイタリア産のトラバーチンを使用。オブジェとして「オリーブの壺」を設置し、さらに壺の中には「ワイルドオリーブ」を植樹しました。

  • ご遺骨を納める器の石蓋は、落ち着きある風合いのブラジル産天然大理石「アズールバフィア」(直径8cm)。墓碑銘として故人のお名前と生年月日および没年月日を刻み、故人の生きた証を静かに、しかし力強く物語ります。

    ご遺骨を納める器の石蓋は、落ち着きある風合いのブラジル産天然大理石「アズールバフィア」(直径8cm)。墓碑銘として故人のお名前と生年月日および没年月日を刻み、故人の生きた証を静かに、しかし力強く物語ります。

  • ギリシャ神話では、女神アテナがつくり出した聖なる樹として、また、ノアの方舟伝説では、洪水ののちに鳩がその小枝をくわえて帰ってきた平和の象徴として。約8000年前からこの大地に息づき、人類を見守り続けた2本のオリーブが、故人とご遺族をやさしく見守ります。

    ギリシャ神話では、女神アテナがつくり出した聖なる樹として、また、ノアの方舟伝説では、洪水ののちに鳩がその小枝をくわえて帰ってきた平和の象徴として。約8000年前からこの大地に息づき、人類を見守り続けた2本のオリーブが、故人とご遺族をやさしく見守ります。

樹木葬オリビア プロデュース                   西畠 清順 Nishihata Seijun

(左から)株式会社西鶴 代表取締役 山本 一郎、プラントハンター 西畠 清順氏

1980年生まれ。明治元年より150年続く、花と植木の卸問屋「株式会社 花宇」の5代目。日本全国・世界数十ヵ国を旅し、収集・生産している植物は数千種類。日々集める植物素材で、いけばな・フラワーデザイン・室内緑化・ランドスケープなど国内はもとより海外からのプロジェクトも含め年間2000件を超える案件に応えている。2012年1月 ひとの心に植物を植える活動である、”そら植物園”をスタート。様々な故人・企業・団体と植物を使ったプロジェクトを多数進行中。

㈱西鶴代表取締役 山本との対談はコチラ

故人の魂が心やすらかに眠られますように、毎月、当霊園の住職がご供養させていただきます。

ハピネスパーク交野霊園の「樹木葬・オリビア」では、定期的に、当霊園の住職による合同供養を行わせていただいております。

専用区画・価格

樹木葬販売場所

1区画
25万円(税込)
<金額に含まれるもの>
・紙製の骨壷(土に還る)
・納骨蓋(ブラジル産天然大理石)

 

お申し込み方法

お墓作りの流れについて」と同じように、お電話、または、問い合わせフォームより、まずはご連絡ください。
実際にハピネスパーク交野霊園に足を運んでいただき、霊園の環境や区画の位置など、ご確認ください。

ハピネスパークでは、係員が霊園内をご案内させていただきます。その際に、ご希望の区画を仮押さえをする事も可能です。
管理事務棟に用意しております「使用申込書」にご記入いただきましたら、当該区画を一定期間確保させていただきます。

スムーズなご対応のためにも、ぜひご来園の際はご予約ください!
☎0120-21-1948(ハピネスパーク交野霊園) 
受付時間 9:00~21:00(年中無休)※営業時間 9:00~18:00(年中無休)

 

 

資料請求
お問い合わせ